お問合せ

Pマーク取得支援コンサルタント
私たちの測量設計業界では,登記簿謄本、戸籍謄本、地籍データ等、多数の個人情報を日々収集し、利用し、保管しています。これらの個人情報は、全て皆様よりお預かりした大切な情報であることから、扱う私たちはそれを守り、正しく管理することが必須です。
 そこで、研究会として、測量設計業界に先駆けてこの取り組みを行うことにより、どこよりも信頼されるグループを目指しています。
 Pマークとは?取得するとどんなメリットがあるの?などの基本的なことについてご説明いたします。

Pマークとは?取得するとどんなメリットがあるの?
「Pマーク保護対策がしっかり出来ている会社です」と言うことを、外部に対して証明するための第三者認証制度です。

取得するメリットは?
 お客様(発注者)から見た場合、自分(市民・県民等)の個人情報を預ける際の安全な判断基準とし見れる。
 個人情報保護のための計画を作り(P)、実行し(D)、結果を監査し(C),監査結果によってシステムの見直し(A)、そしてまた次の計画をする。という、P→DAのサイクルをまわし続けることにより、保護の水準を常に向上し続けることを目的とした安全性の証明。

一度取得すればOK?
 P→D→C→Aのサイクルをまわし続けるシステムですから、2年に一度の審査機関による審査を受けて更新が必要です。

私たちの扱う個人情報には
 「計画線入りの平面図、立会調書、登記簿謄本、物件調書、戸籍謄本、地籍データ、
GISデータetc・・・・・」
これらはすべて個人にとって大変重要な個人情報です。

 預かっている会社側として、漏れないように、壊さないように、盗まれないように、万全な対策が取れていると言い切れますか?

コンサルタントメニュー
Pマーク取得支援コンサルタントメニュー ―→